1: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)00:02:37 ID:VMX9ECUAw
ナゴヤドームで一人ストレッチをこなす49歳が居た 山本昌だ

山本昌「今季初先発の相手はいきなり阪神か、まぁどこが相手でも怖い打線ではあるけど」
山本昌「そして相手投手は能見…厳しい試合になりそうだ」
山本昌「チームは現在5位 ここで俺が勝てば勢いに乗れるかな、フフ…」

49歳の男は一人黙々と調整を続けていた
no title


3: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)00:05:14 ID:uH5bPchaq
子供みたいでかわいい

4: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)00:07:54 ID:VMX9ECUAw
翌朝のナゴヤドーム、早めに着いた山本昌 しかし先客が居た

小笠原「あ、昌さんおはようございます! 今日頑張ってくださいね~」
山本昌「おお小笠原、相変わらず朝早く来るなぁ お前は若手の檻だよ」
小笠原「いやいやぁ ただストレッチ等が長いだけですよ」
山本昌「ま、とにかく 今日は勝たないといけないな」
小笠原「…そうですね」

この二人のベテランにはわかっていた 今日のこの試合が大切であることを

6: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)00:11:08 ID:VMX9ECUAw
ミットの乾いた捕球音が鳴り響くブルペン 49歳という歳を感じさせない投球をしていた

谷繁「ナイスボール! また成長しました?(笑)」
山本昌「アホか!今日は5回持てばいい方だよ、しっかりリード頼むぞ~」
谷繁「了解です! じゃ、行きましょうか!!」

山本昌「(俺もドラゴンズの選手だ 今日の試合何としてでも勝って勢いを付ける!)

9: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)00:15:30 ID:VMX9ECUAw
8番キャッチャー谷繁 9番ピッチャー山本昌

大きな歓声が沸くナゴヤドーム あの男が帰ってきた あの男がマウンドに戻ってきたのだ

この歓声懐かしむように投球練習をこなす山本昌 その姿は今も昔も変わらなかった

山本昌「(懐かしいな… やはりこの舞台は最高だ…)

谷繁「(ブルペンではああ言ったけど、明らかに球威が落ちている どこまで持つだろうか…)

12: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)00:22:52 ID:VMX9ECUAw
1回の表 阪神タイガースの攻撃は1番セカンド上本

山本昌「初球が大事…」ビシュッ

アウトローに綺麗に決まったストレート 球威は落ちたとはいえ衰えを感じさせなかった

山本昌「緩急も…」ビシュ

インコースに厳しく入ったスクリュー 並のバッターではそう打てないボールだろう


谷繁「(いける… これはいけるぞ!)」

13: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)00:26:05 ID:VMX9ECUAw
簡単に三者凡退を喫したタイガース

上本「あれやばいっすよ… 49歳のコントロールじゃないっすわ」
鳥谷「厳しいところを責めてきたな 得点は難しいかもしれない」

まだ初回であるがざわつく阪神ベンチ

しかしあの男以外は…



福留「フフ… 俺のバットで打ち砕く… 待ってろよ昌さん…」

16: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)00:29:33 ID:VMX9ECUAw
しかし相変わらずのドラゴンズ 点を取ることは愚か ランナーも出せずにいたのだ

大島「すみません昌さん…」

山本昌「気にするな! それよりしっかり守ってくれよ!」


とても49歳とは思えない 若手の檻の姿である

18: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)00:35:10 ID:VMX9ECUAw
2回 先頭のゴメスを出したものの、続くマートンの打席でゲッツーに仕留める

しかしあの男が居た かつてドラゴンズの主軸として活躍していた男が


福留「待ってたぜこの勝負…」

山本昌「受けて立とう 俺もこの勝負を楽しみにしていた」


野球は9対9の勝負である しかしこの場面

山本昌対福留の1対1の勝負になっていた

かつてのドラゴンズの主軸福留 ドラゴンズ一筋で生きる山本昌

二人の目には涙が浮かんでいた

20: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)00:43:22 ID:VMX9ECUAw
谷繁「(悪いが抑えさせてもらおう これは勝負であるが一つの試合だ)

谷繁の構えるコースはインコース 福留の苦手なコースである

山本昌は黙って頷いた


福留「…! インコースギリギリ… クソッ! 苦手なコースを…」

二球目のインコースのカーブを引っ掛けた福留

山本昌「…」ニヤリ

笑みを浮かべる山本昌 純粋に野球を楽しんでいる目だった


福留「…面白い これだから野球は面白いんだ…!」

21: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)00:54:15 ID:VMX9ECUAw
両者譲らない好ゲーム 試合が動いたのは5回表
ルナのソロホームランにより中日先制
勝ち投手の権利がかかる5回裏のマウンドに山本昌が登る

3番鳥谷が四球を選び4番ゴメスがボテボテのファーストゴロの間に鳥谷二塁へ
5番マートンのライトへの大飛球により鳥谷タッチアップ 2死三塁の状況ができた

打席にはあの男が居た

福留「こんな最高の場面を用意してくれるなんて… さすが昌さんだぜ」

山本昌「抑えさせてもらおう 最高の勝負だ」

阪神ファンから叩かれている福留 調子が上がったと思えばすぐに不調


しかし今日の試合は誰よりも楽しそうだった ある理由があったのだ…

23: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)00:56:35 ID:VMX9ECUAw
~名古屋内居酒屋にて~

山本昌「は!?明日の試合を最後にする!? お前本気で言ってるのか!?」

福留「本気も何も、実はアメリカで終わらせようとしてたんですよ」

山本昌「じゃあなんでわざわざ日本に…」

福留「…昌さんと対戦したいから… じゃ、ダメですか?」

29: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)01:02:27 ID:VMX9ECUAw
山本昌「抑えることが最高のプレゼントだな…」

福留「全力で来てください 迎え撃ちます」


簡単に追い込まれた福留 しかしこの男の勝負に掛ける気持ちは誰よりも強かった

福留「負けられない… なんとしてでも…!!」

30: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)01:04:24 ID:VMX9ECUAw
2ストライクから8球粘る福留 カウント2-2

谷繁「ここはインコースにシンカーで引っ掛けてくれるだろう シンカー以外ありえない」

山本昌「…」クイッ
首を横に振る山本昌

谷繁「!? タイムタイム!!」

31: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)01:06:50 ID:VMX9ECUAw
マウンドの山本昌に駆け寄る谷繁

谷繁「ちょっと、あそこはシンカー以外ありえませんよ! 昌さんもわかるでしょ!?」

山本昌「すまない… だが… お願いだ、全力のストレートで勝負させてくれ!!」

谷繁「全く… わかりました 抑えましょう」ステステ

山本昌「(すまない谷繁、俺のわがままに付き合ってくれてありがとう)」

32: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)01:08:10 ID:VMX9ECUAw
山本昌「(絶対に抑える)」

福留「(絶対に打つ)」


山本昌の全力ストレート そのボールは



ライトスタンドへ消えていった

35: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)01:11:43 ID:VMX9ECUAw
山本昌「歳か… クソッ…!」

続く今成を抑えた山本昌 ベンチには暗いムードが漂っていた

中日の攻撃は7番藤井 ネクストは谷繁

谷繁はベンチに居た 決して代打を送るわけではない そう、監督としての仕事を果たしているのだ

36: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)01:14:56 ID:VMX9ECUAw
谷繁「昌さん、何やっているんですか? 打席回ってきますよ」

山本昌「え? でも俺はこの回で降板じゃ…?」

谷繁「交代は私が決めます この試合は何としてでも昌さんで勝ちます」

山本昌「しかし…」

大島「勝ちましょう、昌さん!」
荒木「昌さんに勝ち星付けますよ!」
田島「準備なんてしてませんよ!」
小笠原「この試合、何としてでも勝つんじゃ?」
ルナ「~♪」

山本昌「みんな…」

38: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)01:17:33 ID:VMX9ECUAw
6回表のマウンドに上がる山本昌 ナゴヤドームは歓声に包まれていた

福留「そうだよな、そうじゃないと面白くないよ…フフ」



山本昌「(ありがとうみんな… 絶対この試合勝つぞ…)」

43: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)01:23:06 ID:VMX9ECUAw
山本昌「ハァハァ… よし! 8回を抑えたぞ!」

谷繁「ナイスピッチングです! 絶対この回で逆転するぞ!」
選手一同「オー!!」

9回の表ドラゴンズの攻撃は7番レフト藤井

45: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)01:26:02 ID:VMX9ECUAw
藤井「勝つ…昌さんのためにも絶対勝つ!」

ホームベースよりギリギリに立つ藤井に呉昇桓のストレートが頭部を襲う
バコン、と鈍い音がグラウンドに響いた

谷繁が藤井の元へ駆け寄る

藤井「だ、大丈夫です… それよりも…」

藤井「絶対この試合、勝ちましょう」

48: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)01:29:08 ID:VMX9ECUAw
谷繁「藤井… お前の気持ち、受け取ったぞ」

阪神タイガース ピッチャーの交代をお知らせ致します 呉昇桓に変わりまして安藤

谷繁「代走工藤!」

50: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)01:31:17 ID:VMX9ECUAw
谷繁「簡単にバントを成功、というわけにもいかない ここは代走工藤だな」

谷繁「絶対に決める!」ポトン

打球はピッチャー前へ転がる しかし二塁はセーフだ 工藤の足が勝る

谷繁「あとは頼んだ…!」



谷繁「代打小笠原!」

51: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)01:33:56 ID:VMX9ECUAw
山本昌「小笠原、頼んだぞ」
小笠原「ええ、とにかく今日は勝たないといけない、ですよね?」
山本昌「ふっ… 打ってくれよ…!」

66: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)01:50:21 ID:VMX9ECUAw
アナウンサー「放送席ー放送席ー 今日のヒーローはもちろんこの二人! 小笠原選手と山本昌選手です!」
アナウンサー「まずは小笠原選手に聞いてみましょう あの打席ではどのような思いで立ちましたか?」
小笠原「何としてでも昌さんを勝たせよう その思いだけでしたね」

アナウンサー「続いて山本昌さん…




いつまでもナゴヤドームの歓声と拍手は止むことがなかった

山本昌という男の強い気持ちがドラゴンズを支えてきた

その男に対する歓声と拍手だった

68: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)01:52:51 ID:VMX9ECUAw
福留「やれやれ…これで俺の野球人生も終わりか…」

??「おーい福留ー」

福留「この声は…落合さん?」

落合「お疲れ様だったな お前、今日で引退らしいな(笑)」

福留「あぁ…バレてましたか… はい、その通りです」

落合「様子を見りゃわかるよ、そりゃ」
 
福留「さすが落合さんだ…」

69: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)01:56:03 ID:VMX9ECUAw
落合「お前が打てない理由なんてバレバレだ、お前怪我してるだろ?」

福留「ハハ… 落合さんには何でもお見通しだ…」

落合「逆にこの怪我であのホームランを打つなんてな、どういう技術なんだよ(笑)」

福留「技術…なんですかね、これ 自分は違うと思います」

72: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)01:58:23 ID:VMX9ECUAw
福留「昌さんを見てるとね、負けん気が強くなるんですよ、なぜか」
福留「その気持ちが僕を打たせてくれたのかなぁ、と」

落合「気持ちねえ… 確かにその通りかもしれない」
落合「一度、こんな夢を見たんだ」

73: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)02:01:56 ID:VMX9ECUAw
落合「ある選手が必死で頑張る姿を見て、それを見た周りの選手が感化されていく」
落合「一人の選手の気持ちがチームを大きく変えるんだ」
落合「それが山本昌なのかな…」

福留「間違いない… 昌さんの気持ちが感化されてドラゴンズは強くなる」

落合「ここから優勝できたらドラマだな」

福留「ドラマですね しかし、現実になるだろう 僕には見えますよ 強いドラゴンズが」

落合「強いドラゴンズか… ここから変われるかな…」



落合「野球はドラマか… フフ…」

75: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)02:04:29 ID:VMX9ECUAw
一応これで終わりです
前回の工藤でもそうだったけど思いつきで書いてるからgdgdすぎたし誤字等も多くてすまんな
でも今回は特に低クオリティだとヒシヒシ感じるしいつの間にか福留引退させてしまったわ 阪神ファンのみんなすまんな

76: 以下、@スジ速がお送りします 2014/09/05(金)02:05:59 ID:OZyH8xkid
>>75
おもろかったで~
福留さんは来季から選手兼任コーチになって守備固めやりながら指導してくから
まだちょっと引退は早いかなって感じや